推奨度C1のt-フラバノン外用

薄毛になる原因は加齢、遺伝、ストレス、毛穴の汚れなどと言われて来ましたが、多くは男性ホルモンの影響であることが分かっ他ためにその治療法も確立してきました。男性ホルモンのテストステロンが前頭部や頭頂部によく存在する5αリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロンというホルモンに変えられることが薄毛の原因となっているのです。

 
毛には成長期、退行期、休止期というサイクルがあり頭髪の場合は2年から6年の成長期があって太く長く成長していくのですが、ジヒドロテストステロンはその成長期を半年から一年という短い期間で終わらせてしまい、細く短い毛なのに退行期を迎え抜け落ちていくという事態にしてしまい、薄毛という現象を起こしてしまうことが分かったので、5αリダクターゼの出現や働きを抑制させたり、頭皮の血流をよくして栄養をいきわたらせ、休止期にある毛母細胞を刺激したりできる成分を用いた内服薬や外用薬での治療が行われています。

 
日本皮膚科学会では使われる成分や改善法の推奨度をランク付けしたガイドラインを作成し、男性型脱毛症の治療にあたる医師や薄毛で悩んでいる人の改善法を選択するときの指標としてインターネットなどでも公表されています。

 
検証データをもとに有効性や副作用などを考慮して「行うように強く勧められるもの」を推奨度Aとし、順番にB、C1、C2、Dとランク付けされ、確実なデータがあり有効性が認められるAランクとなっているのは現在ミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬となっています。そして実際には有効性があっても信憑性のあるデータがなくて「根拠がないので勧められない」と推奨度C2となっている成分もありますが、それらの成分についても確実なデータが出て有効性が認められ副作用の心配もないことが分かれば、水晶度が上がっていく可能性もあるというものとなっています。

 
医薬部外品や化粧品として分類される育毛剤に使われている成分としてt-フラバノンという成分があり、t-フラバノン外用については推奨度C1となっていますが、その有効性を検証した論文は2編あって、6か月間塗布した結果毛髪が太くなり、特に新しく生えてきた毛髪の直径の平均値が実験開始時よりも20%も増え、また抜け毛数も減少したという改善結果を示したというものと、t-フラバノンを含有した育毛剤と他の成分を配合した3種類の育毛剤で197人の人を対象に検証した結果、軽度改善以上の改善者の割合がt-プラバノンを配合した育毛剤では半数以上あり、他の2種はそれぞれ35%、18%というものと比較して高い数値が出ていたというものです。

 
このように有効性が高い検証結果が出ているのですが、データ数が少ないことや軽微な副作用があることから外用療法の一つとして「行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない」という推奨度C1であるという見解となりました。

 
他にも同じように有効性を認めるデータはあるにもかかわらず、データが少ないということで推奨度が低くなっている成分があります。これらも検証データが多くなって、確実に有効性を認められるようになればミノキシジル外用薬やフィナステリド内服薬のように推奨度Aということになって、男性型脱毛症の治療薬年て仲間入りされ、患者の立場としてもミノキシジル外用薬かt-フラバノン外用薬かを選ぶことができるようになるのです。

 
このように診療ガイドラインができたことで、薄毛に悩む人もどの治療法、改善策が良いかを選ぶときに参考にすることができ、長期にわたっても何の改善も見られなかったということで時間とお金の無駄にならないような選び方をすることができるようになったのです。

カテゴリー: t-フラバノン外用 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です