月別アーカイブ: 2015年6月

推奨度C1のt-フラバノン外用

薄毛になる原因は加齢、遺伝、ストレス、毛穴の汚れなどと言われて来ましたが、多くは男性ホルモンの影響であることが分かっ他ためにその治療法も確立してきました。男性ホルモンのテストステロンが前頭部や頭頂部によく存在する5αリダ … 続きを読む

カテゴリー: t-フラバノン外用 | コメントする

推奨度C1 塩化カルプロニウム外用とは

近年はさまざまな医薬品が開発されており、医療機関で医師の診断を受けて処方される方法や、大衆薬として薬局やドラッグストアからでも購入することが可能になっており、さらにはインターネットの普及により、海外から安価に売られている … 続きを読む

カテゴリー: 塩化カルプロニウム外用 | コメントする

推奨度Bの自毛植毛もいろいろな施術方がある

加齢に伴って髪の毛のサイクルに乱れが生じてきて薄毛になることは自然なことなのですが、若いうちから薄毛になると悩みの種となってしまい、何とか対処法を考える必要が出てきます。若い人で薄毛になる原因としてはストレスや病気の場合 … 続きを読む

カテゴリー: 自毛植毛 | コメントする

推奨度Aのフィナステリド内服について

男性型脱毛症の治療のために様々な方法が研究されていますが、それぞれの方法には効果の違いや、副作用の有無の違いなどがありますので、どのような方法で診療すれば良いのかわからないという人のために、日本皮膚科学会という組織では、 … 続きを読む

カテゴリー: フィナステリド内服 | コメントする

推奨度C1のサイトプリン・ペンタデカン外用

男性型脱毛症はテストステロンという男性ホルモンが前頭葉や頭頂部にある5αリダクターゼという物質によって抜け毛や薄毛の原因となるジヒドロテストステロンというホルモンに変化することが原因で起こることが分かっていて、日本皮膚科 … 続きを読む

カテゴリー: サイトプリン・ペンタデカン外用 | コメントする

推奨度C1のアデノシン外用ですが有効性は高く副作用も少ない

薄毛に悩まされている人の多くは男性型脱毛症で、男性ホルモンのテストステロンが関係してくるため思春期の若い男性でも薄毛に悩まされる場合があり、その時の悩みは深刻なものとなりますが、最近では男性型脱毛症のメカニズムが分かって … 続きを読む

カテゴリー: アデノシン外用 | コメントする

ミノキシジル外用は推奨度A(行うよう強く勧められる)

ミノキシジル外用は男性型脱毛症の治療薬としてプロペシアと伴に処方される医薬品で、プロペシアはヘアサイクルを乱すDHTを抑制する作用を持ち、発毛の効果を期待出来る医薬品であり、ミノキシジル外用は育毛の効果を期待出来る医薬品 … 続きを読む

カテゴリー: ミノキシジル外用 | コメントする

日本皮膚科学会による男性型脱毛症診療ガイドライン

男性型脱毛症いわゆるAGAは病院で治療することができ、男性型脱毛症の診療を行っている多くの病院では一般的に、治療方法の根拠として日本皮膚科学会が作成した男性型脱毛症診療ガイドラインを参考にして治療を行っています。この男性 … 続きを読む

カテゴリー: 男性型脱毛症診療ガイドライン | コメントする