推奨度Bの自毛植毛もいろいろな施術方がある

加齢に伴って髪の毛のサイクルに乱れが生じてきて薄毛になることは自然なことなのですが、若いうちから薄毛になると悩みの種となってしまい、何とか対処法を考える必要が出てきます。若い人で薄毛になる原因としてはストレスや病気の場合もありますが、多くの場合は男性ホルモンが影響をする男性型脱毛症で、テストステロンという男性ホルモンが前頭部や頭頂部に存在する5αリダクターゼという物質によって薄毛を促進するジヒドロテストステロンというホルモンに変えてしまうというメカニズムで起こるのです。

 
そのため治療法としては5αリダクターゼの出現を抑制したり、発毛、増毛を促進する働きのある成分を使用することで、ミノキシジル外用薬やフィナステリド内服薬などが専門医で処方されます。他にも市販されている育毛剤を使ったり、カツラやウィッグを使用したり、植毛をするという方法もあるのですが、これらの治療や改善法に対して日本皮膚科学会が男性型脱毛症における治療ガイドラインを作成し、AGAの専門医や皮膚科などではこのガイドラインをもとに治療をしています。

 
ガイドラインではどの治療法が有効で、副作用などはないかなど検証実験のデータに基づいてA、B、C1、C2、Dの順にランク付けをしていて、Aは「行うよう強く勧められる」ということで分類され、Dなら「行わないように勧められる」ということで推奨度によって分類されているということです。そしてAランクの治療法にはミノキシジル外用薬や男性のフィナステリド内服薬が当たり、ミノキシジルは外用することで直接頭皮の毛母細胞に働きかけ毛母細胞の働きをを活性化することで毛のサイクルを元に戻したり、、またフィナステリド内服薬は5αリダクターゼの働きを抑制することが目的とされていて脱毛症に有効であることが検証されたことでAランクとなっていますが、フィナステリドに関しては妊娠中やその可能性のある女性には厳禁とされているため女性に関してはDランクとされています。

 
このように推奨度によって分類されているのですが、植毛に関しては人工毛なら異物を植え付けることや伸びてこないことなどが理由で推奨度はDとなっていて、自毛植毛は推奨度Bとなっています。自然に髪が伸びたり加齢とともに白髪になるなど自毛植毛はメリットがたくさんあるのですが、メスを使って手術をすることにより危険も伴う可能性があるので「行うよう勧められる」という推奨度Bとなっているのです。このようなガイドラインは医師だけではなく一般の人もインターネットなどで知ることができます。薄毛に悩み、いろいろな育毛剤や高価なヘアケア製品を長期間使って、何の効果もなく終わってしまっては時間とお金の無駄にもつながります。そのようなときにははじめから専門医のところに行ってミノキシジルなどの薬を処方してもらうか、はじめから無駄なお金を使わずに植毛に踏み切るかなどを考える指標にもなるのです。

 
自毛植毛でもいくつかの方法があるので、病院によって施術方法がかわるため病院を選ぶときには事前にホームページでその病院の施術方法や実績などを調べて、施術方法や費用など自分にあったところを探したり、多くの病院で無料のカウンセリングを行っているので、実際に出向いてみることで病院やスタッフの雰囲気を知ることができて病院選びの目安とすることもできます。自毛植毛はメスで頭皮を採取するのが一般的ですが、メスを使わずに施術を行うところがあったり、一本一本毛根から採取してまた一本一本植え付けるというところもあり、病院によってそれぞれの特徴があるので複数の病院をh隠して自分に合った病院で信頼をして施術を行ってもらうとよいでしょう。

カテゴリー: 自毛植毛 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です