日本皮膚科学会による男性型脱毛症診療ガイドライン

男性型脱毛症いわゆるAGAは病院で治療することができ、男性型脱毛症の診療を行っている多くの病院では一般的に、治療方法の根拠として日本皮膚科学会が作成した男性型脱毛症診療ガイドラインを参考にして治療を行っています。この男性型脱毛症診療ガイドラインとは男性型脱毛症の有効な治療方法について、様々な角度から研究されて制定されたもので、このガイドラインの大きな特徴は治療の方法の有効性などの観点から、5段階の推奨度に分かれていることです。この5段階の推奨度はそれぞれの診療方法を科学的根拠に基づいて精密の分析した結果で、医療的観点に基づいて分類されており、多くの病院での臨床データや、大学での研究論文など、様々なことが考慮されています。

 

男性型脱毛症診療ガイドラインは治療の指針として多くの病院で参考にされているだけでなく、患者自身が自分が行いたい治療方法を選ぶ時の参考にできるので、男性型薄毛症の治療を考えている患者にも注目されています。ガイドラインに制定されている治療方法の中で一番推奨されているのが、推奨度Aに分類されている治療方法で、この推奨度Aは行うよう強く勧められるという意味合いがあるので、多くの病院やクリニックなどでも積極的に使用されている診療方法です。この推奨度Aに分類される診療方法としはフィナステリドの内服があり、その薄毛に対する効果や服用した際の副作用などが厳密に研究された結果、男性の患者に対する推奨度がAとなっており、その他にもミノキシジルの外用もガイドラインでは推奨度がAになっていて行うことが強く推奨されています。この推奨度Aより推奨度ランクが下になるのが推奨度Bに分類されているもので、推奨度Bの治療法には行うよう勧められるものという基準によって分類されており、推奨度Aのもののように強くは推奨されていないものの、推奨されている点では一定の信頼度があります。この推奨度Bに分類されている診療方法としては自毛の植毛があり、自分の毛を使用するという点において安全性が評価されており、またその効果も直接毛を植えつけることから高いものであることが立証されています。

 

これらの推奨度Aや推奨度Bは比較的安全性や効果が高いものであることが確認されているので推奨されていますが、その一方でこれらのものよりも安全性や効果がまだ十分に確認されていないような治療方法は、より低いランクに格付けされています。推奨度Bより推奨される度合いが少なくなるのが推奨度C1に分類されている治療法で、 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がないものがこのランクに分類されています。この推奨度C1に分類されている治療方法としてはサイトプリン・ペンタデカンの外用があり、塩化カルプロニウムの外用も推奨度C1に分類されており、さらにt-フラバノンの外用や、アデノシンの外用、サイトプリン・ペンタデカンの外用、ケトコナゾールの外用なども推奨度C1に分類されています。

 

これらの推奨度C1よりさらにもう1段階推奨のレベルが低くなるのが推奨度C2に分類されている治療法で、このランクには根拠がないので勧められないと治療法が分類されており、この推奨度C2に分類されている治療方法としてはセファランチンの外用などがあります。これより効果や安全度が低いものは一番下のランクである推奨度Dに分類されており、このランクには行わないよう勧められるものが分類されていて、行わないことが逆に推奨されているのが特徴で、このランクに分類されている治療の方法としては、人工の毛による植毛があり、またフィナステリドの内服は女性の治療方法としては推奨度Dに分類されています。

カテゴリー: 男性型脱毛症診療ガイドライン パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です