男性型脱毛症診療ガイドラインとはAGA治療方法を選定する目的で利用するもので、その活用法について

男性型脱毛症の事をAGAと言いますが、AGAは遺伝性の薄毛であり、進行型の薄毛であるため、早目の治療を受けることが薄毛を克服する秘訣とも言われています。
しかし、薄毛治療と言うのは色々な治療法が在りますし、一言で薄毛と言ってもAGAもあれば円形脱毛症やFAGAなど色々な薄毛が在りますし、最近は男性だけではなく女性にも薄毛が生じるケースが多くなっており、女性の薄毛の一つがFAGAと呼ばれる薄毛なのです。
薄毛になる理由は色々とありますが、AGAの場合は遺伝子の影響を受けることで体内の男性ホルモンの1つとなるテストステロン、そして体内に存在している5α-還元酵素が結びつくようになり、これが変換されることでテストステロンはDHTと言う男性ホルモンに変換されてしまうのと言う特徴が在り、AGAの治療法としては5α-還元酵素を阻害する医薬品を利用して治療を進めて行く事になるのですが、AGAの治療法にはHARG療法と言われている手法も在ります。

日本皮膚科学会は、AGAなどの薄毛に対する男性型脱毛症診療ガイドラインというものを作りだし、医学的根拠に基づいて、どの方法で治療を行えば目的が達成できるかと言った、AGA治療方法を選定する目的で利用することが出来るようになっているのです。
尚、男性型脱毛症診療ガイドラインとは、薄毛に悩む人がどのような方法で治療を受ければ良いのかと言う目的の下でまとめ上げられているもので、その活用法は男性型脱毛症診療ガイドラインで推奨されている推奨度と、推奨度の分類の2つを利用することで、最適な治療法を知ることが出来るようになっているのが特徴で、推奨度と言うのは、Aが行うよう強く勧められる、Bが行うよう勧められる、C1が行う事を考慮しても良いけれども、十分な根拠がない(医学的根拠に乏しい)、C2は根拠が無いので勧められない、そして推奨度がDと言うのは行わないよう勧められると言った、それぞれの推奨度における推奨度の分類が行われているのです。
また、日本皮膚科学会では円形脱毛症診療ガイドラインを策定し、それぞれの薄毛での最適な治療法はどのような方法であるのかを解るようにしてあるわけです。

尚、これ等のガイドラインは日本皮膚科学会が策定を行ったガイドラインで有り、マッサージを初めとして、シャンプーやサプリメント、医薬部外品としての育毛剤などについての有効性は、厚生労働省が認定する臨床試験が行われていないため、有効性については不明確なものとなります。
また、最近は通販サイトなどを利用すれば個人輸入代行を手掛けるお店などがAGAなどに対する効果を持つ医薬品の販売を行っており、利用する事で治療が可能になると言った情報が溢れています。
しかし、AGAと言うのは遺伝子検査を受ける事、そして遺伝子検査の結果AGAと言う診断が下された場合に限り、医師の処方により医薬品が処方され、効果を持つ治療を受けることが出来るようになっているのです。
ガイドラインの中で推奨度がAになっていても、専門医の診察などを行わずに通販サイトを利用して医薬品を使うと、副作用が起きるリスクも有るので注意が必要です。
また、通販サイトなどでは色々な薄毛に対する育毛剤として存在しているミノキシジル錠が在りますが、この医薬品は循環器系への危険性が有ると言われており、日本皮膚科学会では推奨をしていないのです。
因みに、ガイドラインの中ではミノキシジルは男性も女性も推奨度のレベルはAになります。
推奨度のレベルAと言うのは、「行うよう強く勧められる」と言う物になるので、循環器系の危険性が有ると言う事については相違が在ることになるのですが、ガイドラインの中で推奨しているのは外用薬でのミノキシジルであり、内服薬のミノキシジルではないのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です