推奨度C1のケトコナゾールについて

薄毛は男性ホルモンと関係が深く、テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという物質と結びつくと、ジヒドロテストステロンという悪玉のホルモンに変化し、それが毛母細胞に入りこんで発毛、育毛という働きを抑制してしまい、ヘアサイクルを乱してしまうことが薄毛の原因であることが判明してから、治療薬を使って薄毛の改善をすることができるようになりました。以前から育毛剤などに使われている成分や、他の病気の治療に使われる薬などでも発毛に有効と思われる成分、または植毛など、薄毛の改善に有効と思われる成分や対策などについて、日本皮膚科学会が数々の臨床実験のデータをもとに推奨度のランク付けを行った、男性型脱毛症診療ガイドラインを作成し,薄毛治療をする専門医は推奨度ランクの高い成分を使った治療を行っています。

 
数々の成分の中で一番推奨度が高く専門医が用いているのが「フィナステリド内服薬」と「ミノキシジル外用薬」ですが、フィナステリドはもともと前立腺治療に用いられている薬の成分で、男性ホルモンの分泌量を調整したり5αリダクターゼの産生を抑制する働きがあり、ミノキシジルは高血圧に用いられるもので、それを頭皮に外用することで頭皮の血管を拡張し毛母細胞にまでしっかりと栄養が行き届かせることを目的としていますが、どちらも副作用都して毛が濃くなったり多毛になったというデータがあることがら、薄毛治療に有効であるとして研究がされたものです。この二つの成分は推奨度がいちばん高いAランクとなっていて医師の診察のもとで処方されていますが、推奨度Bランクには自毛植毛、推奨度Cランク推奨度C1と推奨度C2に分けられ、推奨度C1には医薬部外品や市販の育毛剤に使われているt-フラバノン、アデノシン、サイトプリン・ペンタデカン、ケトコナゾール、塩化カルプロニウムの外用、C2ランクにはセファランチンの外用、推奨度Dランクにはフィナステリドの女性の服用、人工毛植毛ということで決められています。この男性型脱毛症診療ガイドラインは有用な臨床実験のデータからその有効性や副作用の有無など様々な観点から決められて作成されていますが、中には有効性が高くても臨床実験の実例が少なくて、有効性や副作用などについて確実なデータが出ていなくて推奨度が低くなっているものもあります。たとえば推奨度C1ランクに位置づけされているケナコトゾールですが、それはもともと皮脂の多い部位に存在するマラセチアという真菌が増殖することによってふけが出やすくなる脂漏性皮膚炎のための薬で、実際に男性型脱毛症の男性患者がケトコナゾールを配合するローションやシャンプーを使用したところ有効な結果が出たのですが、症例が少なくまた男性のみの報告で女性に対しての実証がないために、有効性があるとは言い切れずに推奨度C1とされているのです。

 
このように実際に多くの臨床実験がされたものや、そうでないものもある中で作成された男性型脱毛症診療ガイドラインなので、今後、推奨度が低い成分や対策法、また今回男性型脱毛症診療ガイドラインに記載されていない成分や対策法に関しても、数多くの臨床実験を経て有効性が高く副作用も少ないという報告が出れば、フィナステリド内服薬やミノキシジル外用薬のように高い推奨度として報告され、専門医から処方される可能性もあるのです。男性型脱毛症ガイドラインは公表されていてインターネットなどでも見ることができるので、薄毛に悩んでいる人があまり有効性のないものを長期にわたって使うよりも、有効性のあるものを使って効果が現れるようにするために、また自分には度の治療法、対処法が合うかを知るためにも参考にできる資料です。”

カテゴリー: ケトコナゾール パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です