ミノキシジル外用は推奨度A(行うよう強く勧められる)

ミノキシジル外用は男性型脱毛症の治療薬としてプロペシアと伴に処方される医薬品で、プロペシアはヘアサイクルを乱すDHTを抑制する作用を持ち、発毛の効果を期待出来る医薬品であり、ミノキシジル外用は育毛の効果を期待出来る医薬品として利用されており、2つを併用する事により、発毛および育毛に効果を持つと言われています。尚、プロペシアは男性型脱毛症のみに有効とされる医薬品であり、女性が利用する事は恐ろしい副作用が起きる事からも危険と言われています。しかしながら、ミノキシジル外用は日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインの中では男性および女性ともに推奨度Aの「行うよう強く勧められる」としており、男性や女性の薄毛に対する効果が在るとしているのです。

 
因みに、プロペシアはフィナステリド内服薬と呼ばれている医薬品であり、プロペシアは製薬会社がつけた医薬品の名称であり、主成分はフィナステリドになります。日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインの中でフィナステリド内服薬については、男性において推奨度Aの「行うよう強く勧められる」としていますが、女性は推奨度Dの「行わないよう勧められる」としており、この理由は女性が利用する事で副作用が起きる事、妊娠中もしくは妊娠の可能性が高い女性が服用する事で胎児に影響を及ぼすなどの理由から推奨度が低くなっているのです。

 

 

ミノキシジル外用と言う医薬品は血管を拡張させる作用を持つ医薬品であり、薄毛の症状が起きた場所に塗布する事で、その部分の血管を広げる作用を持ち、血管が広がることにより血流を高め、毛髪に必要とされる栄養をたっぷりと送り込んで育毛の効果を高める作用を持ちます。元々血管拡張剤と言うのは高血圧の経口薬として処方されている医薬品であり、毛が生えると言う副作用(全身の多毛症)が判明した事により開発が進められ、男性型脱毛症などの薄毛の治療薬(ミノキシジル)として利用されており、市販の育毛剤の中にはミノキシジルの有効成分が含まれているものも多数出回っており、ミノキシジルの成分が含まれている育毛剤を利用する事で育毛の効果を期待出来るとしており、プロペシアのように男性型脱毛症のみに効果が在るのとは異なり、円形脱毛症や女性特有の薄毛など幅広い薄毛に対する育毛の効果が在ると言われているのです。

日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインは、薄毛に対する医薬品が多数ある中で、薄毛治療にはどれを利用すれば効果的なのかと言った治療方法を推奨するものであり、推奨度はAからDまでとなっています。推奨度Aは「行うよう強く勧められる」と言うレベルであり、利用する事で薄毛に対する効果を持つとしているもので、ミノキシジル外用は男性および女性ともに推奨度Aになっており、効果が有るので利用すべきと言う推奨度になっています。

 
これに対して、プロペシア(フィナステリド内服)は、男性については推奨度Aとなりますが、女性は推奨度Dの「行わないよう勧められる」としており、利用すべきではないとしているのです。尚、推奨度はAからDまでと先ほど説明を行いましたが、推奨度はA、B、C1、C2、Dの5段階としており、Bは「行うよう勧められる」、C1は「行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない」、C2は「根拠がないので勧められない」などの分類としており、推奨度がAであれば利用すべき、推奨度がDであれば副作用が起きるリスクが高いなどの理由からも利用すべきではない、もしくは利用してはならないと言う意味になるのです。尚、最近は個人輸入代行を行う通販サイトなどで医薬品の購入が可能になっていますが、薄毛治療薬にはこのようなガイドラインが有りますので、事前に確認をした上で利用する事が大切なのです。

カテゴリー: ミノキシジル外用 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です