推奨度C1のアデノシン外用ですが有効性は高く副作用も少ない

薄毛に悩まされている人の多くは男性型脱毛症で、男性ホルモンのテストステロンが関係してくるため思春期の若い男性でも薄毛に悩まされる場合があり、その時の悩みは深刻なものとなりますが、最近では男性型脱毛症のメカニズムが分かってきたので、対処法も確立され、男性型脱毛症の専門医もあるので安心することができるのです。日本皮膚科学会では男性型脱毛症に対する様々な治療法、改善策の中で、どの方法なら推奨できるか、またあまり推奨できないかを検証データに基づいてA、B、C1、C2、Dとランク付けをして作成し、医療界や一般にも公開しています。

 
そのガイドラインによると「行うことを強く勧められる」というAランクされているのはミノキシジル外用薬と男性向けのフィナステリド内服薬で、ミノキシジル外用薬は頭皮に塗布することで頭皮の血管を広げて血流を良くし栄養をいきわたらせ、休止している毛母細胞を刺激して活発に働いてもらうことに有効なもので、フィナステリド内服薬は男性ホルモンのテストステロンを薄毛にさせるジヒドロテストステロンというホルモンに変えてしまう5αリダクターゼという物質の産出を抑える働きがあるものです。これらに有効で、しかも副作用があっても軽微なものであることが検証データから明らかになったもので、推奨度が一番高い治療法としてガイドラインにも載せられているので、AGA専門医でもその2種類の薬を使って治療を行っているのです。

 
ガイドラインの中には医薬部外品、化粧品等の育毛剤などに含まれるアデノシンという成分についても明記され、アデノシン外用は「行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない」という推奨度C1ランクとされています。アデノシン外用薬は男性ホルモンのテストステロンの分泌量を抑制する働きがあり、有効成分が毛乳頭に直接作用して発毛の促進因子の生産量を高めて発毛を促進し、太くて丈夫な毛に成長させることに寄与している成分で、しかも長期に使用しても副作用はほとんど見られないので安全性、有効性の高い成分なのです。だから育毛剤などで使用しているメーカーはあるのですが、検証データーが少ないことからガイドラインでは推奨度C1とされているため医療機関ではあまり使用されていないのが現状です。

 
このように有効成分でありながらも信用度が高い機関での検証が少ないことからガイドラインではまだ推奨度が低いということで医療機関でもあまり使用されていないのですが、日本皮膚科学会が示すガイドラインは毎年新しいデータによって変更されていくので、アデノシンも今後検証されて推奨度が上がる可能性が十分ある成分なので、ガイドラインで推奨度が上がるとAGA専門医でも処方されることになり、ミノキシジルやフィナステリドだけではなかなか効果の現れなかった場合でもアデノシンなら有効であるなど個人差による効果の違いも、選択肢が増えることで解消されていくことになるでしょう。

 
このように男性型脱毛症に関して、ガイドラインが作成されそれをもとに治療が行われているので、病院によって全然治療法が違うということもなく、信頼して専門医を訪れることができます。また一般の人でも見ることができるガイドラインを参考にし、どの治療法、改善策が推奨度が高いかを知ることができるので、あまり有効性のないものを長期にわたって使用しても意味がなく、少しでも有効性の高いもの、副作用の少ないものを自分でも選ぶことができるようになりました。

 
このような指標があったり、専門医があることで薄毛になってもそれほど深刻に悩む必要もなくなり、早期からの有効性のある治療で早く改善されることにもなりました。

カテゴリー: アデノシン外用 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です